週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20140119

昨年10月6日の記事で触れた、システムエンジニアの平均月給が、ほかの職種より比較的高いという件について、自分でも少し調べてみました。

10月6日の記事で引用した朝日新聞(9月29日朝刊)の切り抜きを見ると、「厚生労働省の2012年賃金構造基本統計調査から」とありましたので、まずはその調査結果を確認してみることにしました。


政府が行っている各種統計調査の結果は、e-Statというポータルサイトから閲覧することができます。
ご存知でしたか?

単純に、作成された資料を閲覧できるだけでなく、自分の調べたい条件を指定して表形式やグラフ形式で調査結果を表示する事ができるデータベース機能も提供されているんです。
使いこなせたら、なかなかなかなか面白そう。新規事業の事業計画などにも活かせそうですね。


残念ながら、職種別の統計は見つけることができなかったので、
それに近い形として、システムエンジニアの多そうな産業分類として「情報サービス業」を、福祉施設介護員の多そうな産業分類として「社会保険・社会福祉・介護事業」を選んで、産業分類別の統計を見てみる事にしました。
また、比較をしやすくするために、年齢層を30代に絞って見てみました。
その結果をまとめたのが、以下の表です。

hikakuhyou.jpg
※クリックすると拡大します。

なお、幾つか注意点があります。

①調査時期について
2012年の賃金構造基本統計調査では、平成24年(2012年)6月1日から6月30日の状況について調査しているそうです。
ですので、もしかしたら6月はいつもより忙しかったとか、逆にいつもより暇だった、などということがあるかもしれません。

②労働時間合計の項目について
こちらは、私が追加した項目です。所定内実労働時間数と超過実労働時間数の足し算になっています。

③職種別の統計ではない
勤めている企業の産業分類別統計になりますので、「システムエンジニア」または「福祉施設介護員」以外の職種も含まれているはずです。例えば、「営業」とか「経理」とか。
なお、参考情報として、産業全体の統計も合わせて表示しています。


こうして見てみると、現金給与額に歴然とした差がありますね。正直びっくりしました!

産業全体の統計が、30代前半で29万7千円、30代後半で33万2千円。
それに対して情報サービス業だと、30代前半で35万1千円、30代後半で42万3千円。
一方、社会保険・社会福祉・介護事業は、30代前半で23万9千円、30代後半で24万9千円。

産業全体の統計と比較すると、情報サービス業が頭一つ高く、逆に社会保険・社会福祉・介護事業は頭一つ低い感じです。
また、社会保険・社会福祉・介護事業は、30代前半と後半で給与があまり変わっていません。これはつまり、なかなか昇給されにくい職場であることがうかがえます。
同じ年齢層で、社会保険・社会福祉・介護事業の勤続年数が短めなのは、中途採用の方が多いということなのでしょうか?もしかすると、待遇面などで職場を変える人が多い傾向があるのかもしれません。

強いて低賃金の理由をつけるならば、社会保険・社会福祉・介護事業は、労働時間がやや少なめ(10時間程度)であることと、勤続年数がやや少なめ(2年程度)であることでしょうか。

それにしても、ずいぶんな差ですよね。
なぜ、このような賃金構造になっているのか? 私なりに推測すると、

システムエンジニアの給与の主な源は、企業に対して情報システム(またはそれに付随するサービス)を販売した売上、になるかと思います。
お金をいっぱい持っている大企業になればなるほど、高額な情報システムを購入します。
逆に、個人経営の小さな会社(弊社のような)であれば、市販の安いパッケージ製品で済ませたり、そもそも情報システムに頼らず、すべて手作業で処理したりします。
つまり、情報システムというのは、お金持ちのお客さんが高く買ってくれる商品なのです。
ブランド品や高級レストランなども同じだと思うのですが、高額商品ほど売値に利益を含ませやすいはずです。

一方、福祉・介護のサービスは、お金持ちの為だけではありません。お金がない人もサービスを受けられなければ困ります。ですので、スーパーで販売されている食料品や日用品のように、そもそも価格を上げにくいという特性があると思います。その結果、働いている職員の給与にもひびいてしまっているのではないでしょうか。

ですので、やはり市場原理にまかせたままでは、このような状況は改善されないと思います。


誰でも年はとるし、病気や事故で要介護生活になる可能性はあります。
介護をしてくれる方がいなくなったら、みんなが困りますからね。
こういう事こそ、国や政府がしっかりと福祉・介護に従事する方の生活をサポートして、福祉・介護の仕事に就きたい!という人が増えるように工夫してもらいたいところです。

スポンサーサイト

20131222

息子は今年の2月に生まれたので、もうすぐ一歳になります。

少し前から妻が、息子を水族館に連れて行きたいと言っていました。
今月始め、平日に休める機会があったので、私の両親も誘い、家族で江の島水族館に行くことにしました。


風は強かったですが、お天気も良く、平日の午前中なので空いていました。
インフルエンザに注意したかったので、人の少ない時間帯に行けてよかったです。

イルカのショーがあると聞き、大きくて動きの派手なイルカショーなら、赤ん坊でも何かわかるかな。
笑ったり、驚いたりするかな? と思って、一番最初にイルカショーを観に行ったのですが、

大人たちの期待に反して、息子は観客席の方ばかり見ていました。
ほとんど、イルカ達は視野に入っていませんでした。
一通りジャンプとかが終わって、一旦、司会のお姉さんの説明が入るくらいのタイミングになってやっと、
「あれ?今何かあった?」くらいの感じでプールの方をチラ見してました。
ちょうど、保育園の子供たちが来ていたので、そちらの方が気になったのかもしれません。


くらげの飼育で有名な江の島水族館。
海では会いたくないくらげですが、展示されたくらげ達とてもきれいでした。
くらげ飼育にハマる方もいるみたいですね。なんとなくわかる気がしました。


ちょっと大きめの水槽くらいが、赤ん坊の視野にはちょうどよいみたいです。
くらげの水槽は、ちょっと観ていました。


それにしても、子供の成長って早いですね!
生まれた時は、手のひらから肘あたりまでで抱えられたのに。
ちょっと強く触ったら、壊れちゃいそうだったのに。
ずっと寝てばっかりだったのに。

最近では、体重は10キロ近くあるし、歯も生えてきて、つかまり立ちから2~3歩、歩くようになってきました。
感情もはっきりしてきて、嫌な時は体をのけぞらせて嫌がるし、楽しいときは手を振って笑ったりします。
どんどん出来ることが増えてきました。

それと比べると、父親である私の成長はどうなんでしょう??
手本となり壁となることが親父の務め、と思ってはいるのですが、まだまだ未熟者。
息子の成長に負けない早さで、自分も成長しなければなぁ・・・

ですが、
つい先日も、職場の忘年会帰りに、茅ヶ崎で久しぶりに会った友人と飲みなおすことになり、
ついつい楽しくなって時間を忘れてしまい・・・ 翌日、妻に叱られてしまいました。
うむむ・・・いかんいかん。



ところで、祖父母というのは、どうして孫に甘くしたくなるのですかね?
水族館で母は、どうしても孫にお土産を買うのだといって、ペンギンのぬいぐるみを買ってくれました。
私は、どうせ本人はあまり興味ないし、買ってもらわなくてよいよと言ったのですが。

私が子供の時は、一人っ子なので多少甘かったかもしれませんが、それでも、
私が欲しがるからという理由で何でも買い与える、という事はなかったです。

クリスマスや誕生日のプレゼントも贈ってくれましたが、本とか文具とかでした。
自分が欲しがってた漫画やおもちゃではなかったですね。
子供の頃は、それが嫌だったのですが、今なら分かる気がします。
たぶん、息子に対しては、同じことをすると思います。
本当に良いと思うもの。本物と思うものを与える。それが親の愛なのかもです。

師匠がよく仰っていますが、何を子供に与えるか?それは全て親の責任ですよね。
何を与えるかによって、子供の未来が変わってきてしまいます。責任重大です。
最近よくその事を考えます。
息子に何を与えればよいのか?
これからの、決して楽ではない時代を生き抜いていくためには、どんな力を付けさせれば良いのか?

例えば、私の両親の場合、
運動に関してはあまり教育熱心ではありませんでしたが、勉強については非常に熱心でした。
結構、スパルタ教育だったと思います。

それは、両親が社会に出て経験した出来事から判断して、
私が大人になったとき、一人でも生きていくためには、ある一定以上の学力・学歴が必要だと感じていたからだと思います。
結果的には、両親が考えていたような学歴にはならなかったのですが、
最近ふと、システムエンジニアとしてIT業界で10年以上働けているのは、子供のころの勉強習慣があったからなのかなぁと思うようになりました。
SEの仕事って、長時間机の前に座って、資料を読んだり作ったり、ときには参考書も読みます。
問題を整理して、解決方法を考える過程も、学校の勉強に似ていますから。
やはり、両親の与えてくれたものによって、今の自分があるのですね。

思春期の頃は、
「お前には特別な才能なんてないのだから、地道に努力して、堅い仕事に就きなさい。」
みたいな事を何度も言われて、
夢を壊すようなことを言って随分ひどい親だ、と思った事もありましたが、今考えるとそれこそが親の愛ですね。
逆のことを言われていたら・・・
自分は天才だと思って、何の努力もせず、全部人のせいにするような、ダメ人間になってましたね。
仲間もできず、結婚もできず、寂しい人生になるところでした。


ちなみに、母の父(祖父)は、母の結婚前に亡くなっているのですが、
あまり辛抱の効かない人だったらしく、地道な努力はちょっと苦手だったようです。
子供のころ、「お前は、うちのお父さんに似ているから心配だ。」というような事を何度か言われました。
それもあったので、地道に生きる力、を付けさせたかったのでしょう。



これはまた別のお話しになりますが、
祖父の事は、今までほとんど聞いたことが無かったので、母が元気なうちに色々聞いておきたいと思います。
自分のルーツですから。

20131006

9月29日の朝日新聞に、介護業界では老人ホームの売買をめぐり、一種バブルのような状態にあるとの記事が載っていた。
要約すると、以下のような内容だ。

少子高齢化が進み、介護の需要は増えているが供給が追い付いていない。
背景には、介護保険を使って運営される設備が増えすぎないよう、国や自治体が新設の認可数を抑制している事があるらしい。
その状況に目を付けた投資会社が、赤字の老人ホームを買収、財務を立て直して転売する。
始めから転売目的の売買が少なくないため、事業としての実体を伴わないバブル経済のような状況だというのだ。


“ 財務を立て直す ”ときに、現場で働くスタッフ(その人件費)が切り詰められていることは明らかだ。

9月29日 朝日新聞朝刊より引用(最初の画像も)


このようなニュースを見聞きすると、一人っ子の私は心穏やかではいられない。今は、父母(義父母も)共に元気だが、いずれ何らかの施設にお世話になるときは来るだろう。そのとき、少しでも不快な思いはさせたくないが、大丈夫だろうか。


介護の現場を何も知らない私が、偉そうなことを言ってしまうが、
老人介護をビジネスチャンスと捉えるのは間違いだ。
老人介護とは、祖父母・父母、ときに夫や妻、基本的には人生の先輩方に、穏やかに、心静かに旅立ちの支度を整えて頂く為のもの。
終わりに向かって整理整頓していく場面であり、新たな経済的価値が次々と生み出される場面ではない。
そこを無理にビジネスとして拡大しようとすれば、どこかで歪みが出てしまう。

やはり、国なり自治体なりの共同体で、「いずれ行く道」として支えあう体制を再度整備していくしかない。
民間の力は、その枠組みの中で活用するのが良いだろう。市場まかせにしてしまうのは良くない。


人の最後の仕事は、子や孫に、己の死に行く様を見せることだ、と聞いたことがある。
上手く言葉で説明できないが、自らの体験から、身近な人の老いや死を体験することが何の価値も無い事 『ではない』 ということは、はっきりと分かる。

金にはならないが価値のあるもの、尊いもの、それを上手く伝える仕組みが出来たなら、きっと誰もが安心した老後を送れる社会になるだろう。




ところで、
本記事内で引用したグラフのなかで、システムエンジニアの平均月給が比較的高い(福祉施設介護員はもちろん、看護師よりも高い)ことについては、ITを事業領域とする会社の代表として、何かしら意見を述べねばならないと思っています。考えがまとまり次第、お伝えします。