週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20140225

2014年も、はや2か月経とうとしていますね。
遅ればせながら、ようやっと今年の抱負といいますか、テーマを決めました。

少なくとも、今年1年は継続して取り組めるように、
敢えて、この場で発表したいと思います。


今年のテーマは、「中から変える」です。


1.株式会社ホットソウル を「中から変える」

会社を設立して、今期で3年目になります。

個人事業主として5年ほど営業してきて、その先の展開を考えたときに、
とりあえず「株式会社」という体裁に、外側を変えてしまおう。
実績は、あとから付いてくるだろう。
ということで、法人成りしました。

それはそれで、意味のある選択だったとは思うのですが、
3年目の今になっても、会社の実態としては個人事業の時と変化がありません。
従業員はおらず、私1人がSEとして現場に出て働いている状態です。

株式会社という形に、外側を変えることで、
新しい人のつながりや、志を同じくする人との出会いが増えること期待していたのですが、
多少の出会いはあったものの、共に事業を営んでいく仲間、とは出会えませんでした。

なかなか、待っているだけでは難しいようです。
やはり、自分からどんどん動いて行かなければ、この先も変化がないと思いました。

自分から積極的に動いていくためには、拘束時間の長いSEという職種のままでは難しいです。
そこで、より時間の自由がきく(と想像される)、
「コンサルタント」という職種への転身を図ろうと思います。

ITという自分のベースを生かして、「IT経営コンサルタント」として活動して行きたいと考えています。
(実は、会社の定款には、事業内容としてもともと記載しているのです。)

そのためには、「経営コンサルタント」になるための勉強が必要です。
また、お客様に信頼していただく為の肩書きも、それなりに必要と思います。
その2つの条件を満たす為にちょうど良いのが、中小企業診断士の資格です。

中小企業診断士の試験は、範囲がとても広く、難しい試験と言われています。
ですので、今年と来年の1年半をかけて、資格取得に向けた勉強を進めていこうと思います。



ちょっと、遅くなってしまったので、今日はこの辺で。
次回に続きます。

スポンサーサイト