週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20150426

ビジネスマンクラスが終わったあと、
珍しく波平画伯が参加されていたので、

キャプテン・ミッツィと画伯と私の3人で、
アフターBMCトークを
楽しみました。



画伯のイラスト話から色々広がって、
面白い小説・マンガの情報交換になり。



それにしてもキャプテンは、

いつそんな時間があるんだ?
というくらい、
マンガも小説も読んでますね。

柔術、波乗り、宴会。
さらにマンガ、小説。
家庭、仕事。
あれやら、これやら。

バイタリティがスゴすぎです。
絶倫です。



お二人は、色々おすすめ作品を
発表してたのですが、

私は、近頃全く、
マンガも小説も読んでないので、
パッと出てきませんでした。


それで、
昔好きだったマンガを
思い返して、

思い出したのが、

「ナニワ金融道」

でしたので、
画伯にお勧めしておきました。


いまでこそ、
結構シビアなどぎついマンガ、
沢山ありますが、

その原点といっても、
よいのでは?

最初に読んだときは、
だいぶショックでしたね。

えげつなーっ

って思いました。
画伯、ぜひ読んでみてください。


家に帰ってきて、思い出したので、
あと2つ追加しておきますね。

まぁ、超有名作品だから、
既にお読みかもしれませんが。

「寄生獣」と
「風の谷のナウシカ」ですね。

前者は、
いま映画にもなって、
話題ですよね。

人間とは何者なのか?
を深く考えている、
ほんとに素晴らしい作品だと思います。

昔、コミックを全巻持ってたんですよ。


後者は、アニメが有名ですが、
マンガ作品の方がもっと物語が深くて、
スケールも壮大です。
人間模様も、もっと込み入ってます。
アニメはかなり単純化されてますね。

こちらも、人間とは何か?
を考えさせられる作品ですね。

お勧めです。

スポンサーサイト