週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20150519

日曜日に通っている学校で、

講師の先生は、
現役の中小企業診断士として、
活躍されている方です。

たまに、
実際に支援したお店や会社の話をネタに、
事例問題を作ってくれるのですが、

やっぱり、
試験の問題と、実際の支援事例では、
違いますね。


簡単に言うと、
試験の問題は意図的に作ってあるので、
つじつまが合うように出来ています。
出口が見える感じで終わるようになってます。


でも、実際の支援事例は、
どーにも頭を抱えてしまうような状況が、
しばしばあるようです。

まぁ、全て順調だったら、
そもそも相談に来ないでしょうしね。

また、せっかく助言しても、
最終的に経営者が納得せず、
実行してもらえないことも
あるみたいです。



今勉強していることは、
地力として必要ですが、
支援の現場では、知識に頼らないことも重要な気がします。


フィジカルトレーニングみたいなものですかね。


なんの資格でも同じだと思いますが、

本当の勉強は、資格を取ってから。
ということでしょうか。

スポンサーサイト