週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20150816

学校帰りの電車で、
1歳くらいの子供を、
一人で連れているお母さんに
出会いました。


電車は割りと混んでました。

お母さんは座っていたのですが、
膝の上に荷物を抱えて、
子供は床に座ったり、
立ったりしていました。


すごく危ないなぁと、
感じたんですよね。


大人達の足元に座ったりしてるんで、
急ブレーキがかかったりしたら、
誰かに踏まれるかもしれません。

子供が立っているときも、
急ブレーキが掛かったら、
子供が飛ばされるかもしれません。

自分の力で踏ん張ることなんて
絶対無理だし、
大人がしっかり抱きかかえてないと、
ちょっと手をつないでるぐらいでは、
急ブレーキの衝撃には耐えられない、
と思うんですよね。



自分だったら、
荷物を床に置いて、
子供を抱っこしてるだろうな。
と思いました。



ただ、
1歳くらいの子供って、
全くのわからんちんですから、

抱っこすると、
嫌がって暴れる場合もあるんですよね。

かえって危ないから、
仕方なしにそうしてるのかなぁ、
と思ったりもして。



何か、声をかけるべきなのか、
かけるとしたら、何て言えばいいのか。

ずっと思案したあげく、
結局、ただ傍観してしまいました。。。



降りるときも、
子供を自由にさせて、
荷物を持とうとしてたので、
子供が一人で降りようとしていて、
ひやひやだったんですよね。

結局は、周りに人が多かったせいで、
お母さんが追い付いたから、
良かったんですけど。



何か、
あぶなっかしい、お母さんでした。



自分はどうするのが最善だったのか。
反省しないと、いかんですなぁ。。。


スポンサーサイト