週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160312

このところ、父と2人で話すことが多い。


いつくらいから、
対等な関係で話すようになったかなぁ。

成人してから?
社会人になってから?

まぁ、やっぱり子供を授かってからかなぁ。


父は、一部に頑固な一面もあるものの、
基本的に温厚で、自己主張はあまりしない。

でも、振り返って考えると、これまでの会話は、「父と子」の関係だったとおもう。

けど、最近は、
「祖父と父」もしくは「父と父」の会話になってきているかなぁ。

本人が、老いを感じて弱気になっている部分もあるのだろうが、

子育てのバトンを受け取ってはじめて、一人前、対等な立場、と認められたのかもしれない。


まぁそんなこと、本人はあまり意識してないのだろうけど。

スポンサーサイト