週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160526

勉強のお話。


模試とか演習とかを受けて、
受けっぱなしではあまり効果は高くない。

復習するのはもちろん、何らかの「気付き」を得ていかないと、なかなか次の段階には進めない。

一方で、振り返りにあまり時間をかけすぎてもなぁ、というのもある。

模試や演習って、本試験問題に比べるとどうしても難易度や質が低くなってしまうので、そこを頑張りすぎても、本試験では通用しなかったりするので。


いつも、どのくらいの時間と労力をかけるべきか、悩ましい所である。

とくに、他校の模試の場合、解説の要領も全然違うし、アプローチも違うので、
どうやって気付きを得るか、どこまで時間をかけるべきか、さらに悩ましい。

スポンサーサイト