週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160704

座っていて、ボンヤリ前の座席の人達を見ていると、

何だか隣同士の二人が、関係のある人同士に見えてしまう。
例えば、親子とか兄弟とか。

何となく共通点を見いだしてしまう。
目が似てるとか、鼻のかたちが似てるとか。


それで、勝手に確信を持っているところで、
片方の人だけ下車してしまったりして。

あ、なんだ。赤の他人だったのね。


という間違いを、よくします。

スポンサーサイト