週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20170108

一応、ICTの専門家、のはしくれ、
なのですが、恥ずかしながらフィッシングメールに引っ掛かりました。

幸い、セキュリティ対策ソフトのおかげでフィッシングサイトに飛ぶ前にガードされ、実害は出なかった様です。

言い訳するわけではないですが、
状況にハマると、専門家(の端くれ)でもあっさり騙される、

ということを、覚えておいて頂くとよいかと思います。



自分の場合、

数日前に友人から、LINEスケジュールというLINEの機能で、スケジュールの共有があったのですが、
自分は使うのが初めてだったので、その動作に、「あれ、これでいいのかなぁ。なんか操作ミスったかなぁ。」という不安を覚えていました。

そのタイミングで、
LINEを騙って、異常なログインを検知した、という内容のメールが届き、スマホでそのメールを読んでいたので、つい反射的にリンクを押してしまいました。



つまり、直前に起きたちょっと不安な出来事に、当てずっぽうで送信されたフィッシングメールが、バシッとはまってしまった訳です。


こういうことって、誰にでも起こりうる気がするのですねぇ。
オレオレ詐欺の電話も同じだと思います。


騙されないように意識を高く持つのも、もちろん大切ですが、
万が一騙されても、実害が出る前にガードがかかる仕組み(セキュリティ対策ソフトとか)は、とっても大事だなと思いました。

スポンサーサイト