週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20170806

子供たちを連れて、大井川鐵道SLの旅に行ってきた。


次男も一緒の家族旅行は初めて。

イヤイヤ期真っ只中で、なかなか手こずった場面もあったが、おおむね言うことをよく聞いていたと思う。


旅先では、似たような構成の家族連れに沢山あった。家族それぞれに特徴があって面白い。


小さな子連れの場合、ちょっとしたハプニングは日常茶飯事で、他の家族に共感したり同情したりする場面もしばしば。
我が家もしかり。


宿泊先では少子高齢化が顕著らしく、小さな子を見ると、お婆さんたちがこぞって構ってくれるのだった。

朝の散歩中に会ったお婆さんの忠告のおかげで、蛭にいち早く気づき、誰もくわれずに済んだ。

山の中の散歩道の、ほんの入り口だったが、蛭がよく出るそうだ。
初めて見た。


スポンサーサイト