週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160821

次男が、とうとう自力でドアノブを下げて、リビングのドアを開けられるようになりました。

新たな脅威です。(笑)


次男は、赤ん坊の頃は、ほっておいても独りで寝ちゃうような、わりと手のかからない子だったのですが、
それだと、どうしてもお兄ちゃん優先になってしまうことを学習したのか、
最近は、自己主張がすごく激しいのです。

自分がさわりたいものは、手当たり次第、食卓によじ登ってでもさわりに来ます。

自分の希望が叶わないと、
この世の終わりが来たような勢いで、泣き叫びます。

もともと、声は大きかったので、かなり激しい主張になります。まさに、怪獣です。



そんなわけで、ちょっとした用事・用達のときはリビングに足止めしておくのが都合が良かったのですが。。。

スポンサーサイト

comment

secret