週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20161209

次男も靴を履くようになってから、玄関が狭くてしょうがなくなってきた。

そもそも、3分の1はたたんだ乳母車に占領されているし、もともと狭いというのもある。


靴がバラバラと置いてあると、出掛けにつまずいたりして危ないので、必要に迫られて靴をそろえて置くようになった。

今更ながら、
きちっと揃えておくと、人が立てる余白も出来るし、気分も良い。

帰ってきたときは、気持ちが落ち着くし、出掛けるときは、前向きな気持ちで出られる。

子供の教育上もきっと良いと思う。

スポンサーサイト

comment

secret