週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20170215

1回目の実務補習を終えて。


診断士の実務の一端を体験できた、たいへんだったけど、濃密で充実した時間だった。


診断士の仕事は色々あるみたいだが、中小企業の診断・助言の仕事となると、結局はその社長さんとどこまで腹を割って話せるか、と言うことに尽きるようだ。

だから、効率よくこなす、何てことは出来っこない。

時には、お酒の付き合いも必要とされ、泥臭く信頼関係をきずいていかないといけない。

コンサルティングというと聞こえがいいが、そんなにキレイでドライな世界では無く、じっとり生臭いといったら言い過ぎだけど、それに近い世界のようだ。


活躍している先輩方を見ていると、
その根本は困っている人を助けたいという情熱があり、基本的に人間が好きな人達だ。

素晴らしいなぁと思う一方で、皆さん我が身を削って仕事をされているのは、明らかに見てとれる。


残念ながら、
いつも元気はつらつ、ビシッと健康的に引き締まって、ツヤツヤピカピカしている、というような方には、まだお会いしたことがない。
明らかに疲れている。


自分も、それを生業のひとつにする以上、避けては通れないが、豊かで健康的な人生を送りたくて選んだことなので、何かやり方は考えていかないといけなさそうだ。


今後の課題である。


スポンサーサイト

comment

secret