週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20170422

原発再稼働関連のニュースを見ていて気になった言葉。

国が責任もって取り組むことが条件だ、みたいな事が言われていたけど、
そもそも、国って誰なんだ?

総理大臣?官僚?公務員?政治家?国民?


そもそも誰だかはっきりしないし、責任の意味もあいまいだ。


結局は、その当事者の責任逃れ、なんだろうな。
あいまいなブラックボックスに放り込んで、自分の手からは切り離すと。


実は、組織の中では常套手段ですよね。
特に、日本の大会社だと多いのかなぁ?
外資でも同様なんだろうか?

中小企業だと、そもそもうやむやにできるほど頭数が揃わないから、あまり無いと思う。


公共に関わることで、リスクの小さいものなら、そういう整理にして事を進ませるのも悪く無いと思うけど。

原発みたいな巨大リスクをはらむ問題で、それをやったらいかんと、思いますけどねー。


良くない習慣だと思います。

スポンサーサイト

comment

secret