週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20150926

コジャレた西洋料理のお店の料理名で、

なんちゃらかんちゃらのなんちゃら、
旬の○○を添えて

みたいな名前、有りますよね?

そんな気分でタイトルを付けてみました。



頂きものの鮭とば、
ありがとうございまーす。

ガッチガチのハードタイプも好きですが、
こちらはリッチな半生タイプです。

スモークサーモンのような感じもありますね。



そしてここから、
唐突に独り言になっていくのですが。。

試験まで1ヶ月を切りましたが、
解答時間不足は、なかなか解消されません。

皆、どうやってるんでしょうねぇ?
ほんと不思議!


けど、
もともと文章を読むのは速い方だし。
1次試験は結構いい成績だったんで、
知識が足りないってこともない、
とおもうんですよね。

そうすると、
やっぱり問題はアウトプットですねぇ。


文章を組み立てて書く速さ、
というのもあるだろうし。
時間配分の見きわめっていうのもある。

誰にとっても、
80分という時間内で、
60点以上を取りに行くのは難しい試験。
であることは間違いないハズ。
だから、
他の人達も、そんなに高い精度は出してないハズなんだなぁ。


また、
学校の演習とかでも、やっぱり時間が足りなくて、全部は書ききれない事がほとんどなんだけど、
最近は、平均点付近は取れるようになってきてる。

つまり、量は少なくても、精度高めの解答を書く能力はあるんだと思う。


なので、残り1ヶ月弱は、
とにかく60点分の解答は埋められるように、時間配分を徹底的に鍛えようと思う。

後は、文章を速く組み立てて書き出す練習もして。

残りの時間で出来ることは、
それくらいかなぁ。


スポンサーサイト

comment

secret