週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160217

悪い知らせは突然だ。

知人、といっても自分の親と同年代だから、遠からずこの日は来るだろうとは思っていたものの。


とても気さくで、謙虚な方だった。

ユニークな経歴の持ち主で、いつも人を楽しませようという気持ちがあった。

だから、ファンが多かったのだ。

引退後も、生活には困らないのに不馴れなアルバイトをされるなど、勤勉な方でもあったのだと思う。


独身の頃は、会うといつも気にかけてくれ、と同時に励ましてくれた。

もう少し家が近かったら、子供たちにも会わせたかった。


楽しい時間をありがとうございました。

天国では、ゆっくり創作活動を楽しまれてください。

スポンサーサイト

comment

secret