週刊ほっとそうる新聞

株式会社ホットソウル代表の私的な新聞です。

20160719

去年も同じようなことを書いたかもしれないですが。


梅雨明け間近、夏もいよいよ本番、というこの時期。
夕暮れ時になると、一番日の長かった夏至の頃より、暗くなるのが早くなっているのに気付きます。


夏の始まりなんですが、終わりの予感も同時に漂っているような。
そんな、底はかとない哀しみというか。

悲しい訳ではないですが。


昔の人なら、もののあはれ、とか言うんでしょうかねぇ。

しみじみ。

スポンサーサイト

comment

secret